5月 15

利用目的に合わせて屋形船を選ぼう

屋形船を利用する目的は人それぞれです。
では屋形船がどのような目的で利用されているのか、紹介していきます。

まず乗り合いタイプを選ぶか、貸切タイプを選ぶかによって、利用用途は大きく異なります。
乗り合いタイプの場合は、利用目的は、デートやお花見、花見などの遊覧や食事を楽しむ事です。
つまり屋形船に乗る事自体が、一種のアトラクションになっていると言えます。

そして貸切の場合は、結婚式の二次会や忘年会、新年会などのパーティの場として利用しています。
二次会や忘年会などは、お店やホテルの会場で行われるのが一般的です。
ですが、幹事がちょっとインパクトのある場所でやりたいと考え、屋形船が選ばれたのでしょう。

屋形船で、結婚式や忘年会・新年会が出来るの?と驚く人もいるかもしれません。
ですが元々屋形船では、豪華な食事コースを提供しています。
それに加えて屋形船では、船の上とは思えない様々な設備も整っています。

そのため幹事・進行役がマイクを使用する事も出来ますし、DVDを流す事やカラオケをする事も可能です。
大規模な屋形船であれば、最大で100人以上利用する事も可能です。
ただし注意点としては、貸切で利用する場合には、途中参加、途中退席を考えている人がいない事を確認してから、屋形船を選ぶようにして下さい。

東京の夜景を楽しむ屋形船 http://www.funatabi.jp/

仕事が忙しくて、残業を片づけてから忘年会や新年会に途中参加するというサラリーマンは少なくありません。
また結婚式の二次会の場合も、明日朝が早いから最初に顔だけだして途中退席しようと考えている人もいるかもしれません。

屋形船の場合は、出航すると途中で乗り降りする事が出来ないので、ある意味強制参加となってしまいがちです。
そのため幹事は参加メンバーを確認した上で、その辺の気遣いを忘れないようにして下さい。

その他にも利用目的として、お祝い事の席で特別感を出すために利用されるケースもあります。
孫の七五三のお祝いや誕生日のお祝いなどです。

屋形船によっては、誕生日特典やサプライズが用意しているところもあります。
また屋形船自体はケーキなどを用意出来ないけれど、ケーキや花束の持ち込みはOKというところもあります。

あと船に乗るという行為自体がすでにアウトドアですが、屋形船でアウトドアを楽しむ目的で利用するケースもあります。
実は屋形船で釣りを楽しむ事が出来たり、バーベキューを行えたりするところもあります。

屋形船の利用方法は、多岐にわたります。
屋形船によって、それぞれ提供しているサービスは異なるため、あなたの利用目的に合わせて屋形船を選ぶ事をお勧めします。


Posted 2018年5月15日 by author in category 未分類

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA