5月 21

屋形船の伝統と語源について

屋形船の歴史を振り返ると、平安時代の貴族から始まり、万葉集にも屋形船について書かれている歌があります。
そんな日本の伝統を詰め込んだ屋形船の伝統技術について紹介していきます。

「桟橋」とは船や屋形船が着岸し、人や荷物の積み下ろしが出来るように陸域部から水上へ向けて作られた橋状の係留施設です。
そのため屋形船は、桟橋から乗り降りするのが基本です。

屋形船は電気、ガス、水などのライフラインは全て利用可能です。
そのため現在の屋形船の多くは、電気の照明器具を使用しています。
しかし昔は、照明器具と言えば「提灯」を使用していました。

そのため屋形船の中には、雰囲気づくりとして屋形船の船外の屋根に提灯がつるされています。
提灯は内部に火を灯し、和紙などで風を防いで火が消えない構造となっています。

「雪見障子」とは、室内にいて外を眺める事が出来るように、障子の下部をガラスにし、その内側に上げ下げ出来る小さな障子を取り付けた障子の事です。
最近は日本家屋でも、見かける事が少なくなった雪見障子ですが、伝統技術を受け継ぐ屋形船では、雪見障子が使用されているケースも少なくありません。

またお風呂の事を湯船と言いますよね。
実はこの語源に、屋形船が関係していると知っていますか?
なぜ湯の船と言われるようになったのかというと、江戸時代には各家庭にお風呂がまだありませんでした。
銭湯の数も少なかったので、屋形船に浴槽を積んで、移動式の銭湯が人気になりました。

その後、銭湯の数も増えた事で、屋形船の移動式の銭湯は姿を消してしまいました。
ですが船で湯に入るという言葉の語源だけが残り、現在でもお風呂の事を湯船と呼んでいる訳です。

ちなみに現在も、入浴可能な屋形船が存在するのかどうか、調べてみました。
その結果、鬼怒川では珍しいお風呂として、屋形船露天風呂が存在しています。
残念ながら、船の上で入浴する訳ではなく、鬼怒川のライン下りで実際に使用されていた屋形船を改造して湯をはったお風呂です。
ですが屋形船を生かした雰囲気のある個性的なお風呂に仕上がっています。

また河口湖を遊覧する屋形船で、宿泊、入浴出来るプランを検討しているところもあります。
検討段階で、実現するのかどうか未定ですが、屋形船で宿泊や入浴が出来るようになったら、キャンプ感覚で屋形船を利用出来るようになるのかもしれませんね。

屋形船は日本の伝統文化に触れる事が出来る乗り物ですが、乗った事がないという人も多いでしょう。
ですがそんな人でも、「湯船」の言葉のように、他にも私達の生活に屋形船の歴史が影響を与えているのかもしれません。

5月 15

利用目的に合わせて屋形船を選ぼう

屋形船を利用する目的は人それぞれです。
では屋形船がどのような目的で利用されているのか、紹介していきます。

まず乗り合いタイプを選ぶか、貸切タイプを選ぶかによって、利用用途は大きく異なります。
乗り合いタイプの場合は、利用目的は、デートやお花見、花見などの遊覧や食事を楽しむ事です。
つまり屋形船に乗る事自体が、一種のアトラクションになっていると言えます。

そして貸切の場合は、結婚式の二次会や忘年会、新年会などのパーティの場として利用しています。
二次会や忘年会などは、お店やホテルの会場で行われるのが一般的です。
ですが、幹事がちょっとインパクトのある場所でやりたいと考え、屋形船が選ばれたのでしょう。

屋形船で、結婚式や忘年会・新年会が出来るの?と驚く人もいるかもしれません。
ですが元々屋形船では、豪華な食事コースを提供しています。
それに加えて屋形船では、船の上とは思えない様々な設備も整っています。

そのため幹事・進行役がマイクを使用する事も出来ますし、DVDを流す事やカラオケをする事も可能です。
大規模な屋形船であれば、最大で100人以上利用する事も可能です。
ただし注意点としては、貸切で利用する場合には、途中参加、途中退席を考えている人がいない事を確認してから、屋形船を選ぶようにして下さい。

東京の夜景を楽しむ屋形船 http://www.funatabi.jp/

仕事が忙しくて、残業を片づけてから忘年会や新年会に途中参加するというサラリーマンは少なくありません。
また結婚式の二次会の場合も、明日朝が早いから最初に顔だけだして途中退席しようと考えている人もいるかもしれません。

屋形船の場合は、出航すると途中で乗り降りする事が出来ないので、ある意味強制参加となってしまいがちです。
そのため幹事は参加メンバーを確認した上で、その辺の気遣いを忘れないようにして下さい。

その他にも利用目的として、お祝い事の席で特別感を出すために利用されるケースもあります。
孫の七五三のお祝いや誕生日のお祝いなどです。

屋形船によっては、誕生日特典やサプライズが用意しているところもあります。
また屋形船自体はケーキなどを用意出来ないけれど、ケーキや花束の持ち込みはOKというところもあります。

あと船に乗るという行為自体がすでにアウトドアですが、屋形船でアウトドアを楽しむ目的で利用するケースもあります。
実は屋形船で釣りを楽しむ事が出来たり、バーベキューを行えたりするところもあります。

屋形船の利用方法は、多岐にわたります。
屋形船によって、それぞれ提供しているサービスは異なるため、あなたの利用目的に合わせて屋形船を選ぶ事をお勧めします。

5月 8

東京屋形船のコース内容について

屋形船は全国に存在していますが、最も屋形船の数やプランが充実しているのは東京です。
隅田川で花見を楽しんだり、東京湾で美しい夜景を楽しみたりしながら食事をする事が出来ます。
気軽に日本の伝統文化に触れる事が出来るのも、屋形船の魅力だと言えるでしょう。

ではそんな東京の屋形船は、どのようなサービスを提供しているのか紹介します。
まず東京で人気の遊覧コースは、「お台場・スカイツリーコース」「隅田川お花見コース」「お台場レインボーコース」などが一般的です。

ただし、「隅田川お花見コース」は期間限定で、桜の開花時期の3月下旬から4月上旬のみとなっています。
もう少し足を延ばしたロングコースになると、なんと東京ディズニーランドの花火を楽しめるコースもあります。

東京ディズニーランドで見る花火とは、違う角度から見る事が出来るので、新鮮ですし、混雑せずにゆっくり花火を眺める事が出来ます。
所要時間は当然ながら、コースの長さによって異なりますが、2時間~2時間30分のコースが標準となっています。

そして屋形船で、遊覧コース以外にも気になるコースが食事のコースです。
基本的には、屋形船は日本の伝統文化という事もあり、提供される食事は和食がメインとなっています。
東京では、江戸前の天ぷらや江戸前のお寿司が楽しめるコースに人気があります。
また東京らしい食事コースと言えば、月島のもんじゃが食べれるもんじゃ屋形船です。

船の上で火が使えるの?まさか個々に鉄板まで用意されているなんてと驚くかもしれません。
ですがお花見のお弁当を事前に用意している屋形船も存在しますが、大半の屋形船は船の中で調理をして、出来立ての料理をお客様に提供してくれます。

ただし調理中に火を使っている時に、屋形船が揺れると危険なので、調理中には船は停止した状態です。
もんじゃ屋形船も同様で、個々が鉄板でもんじゃを焼いている最中は、船は停止しています。
ですがもんじゃを焼いている最中は、船の上から景色を楽しむ余裕はないので、キレイな景色を見逃さないためにも停止している方がより都合がいいと言えます。

あと食事のコースは、基本和食だと紹介しました。
ですが屋形船を利用する外国人観光客も増加している事や、若い客層の間では和食よりも洋食が好まれる事を踏まえて、洋食のコースを用意している屋形船も存在します。

そのため東京で屋形船を利用する場合は、遊覧コースや食事のコースで、自分が興味を持ったコースを選ぶといいでしょう。
選んだコースによって、料金相場も異なってきます。
屋形船は料金が高いというイメージもあるかもしれませんが、もんじゃ屋形船の場合は、食事コースの材料費が安いので、リーズナブルに楽しめます。